2018年4月7日土曜日

ベルタ・カセレス 水と命をめぐりインディオとブラックの先住民がひとつになったホンジュラス


3月2日、ホンジュラスの先住民環境活動家ベルタ・カセレスの命日にドキュメンタリー映画『ベルタは死んでない。たくさんのベルタになった(Berta Didn’t Die. She Multiplied)』の上映会が全米各地で開かれました。

Berta Didn’t Die, She Multiplied! 30 Minute cut from Sam Vinal- Mutual Aid Media on Vimeo.

ホンジュラス先住民レンカ族のベルタは、ホンジュラス先住民人民組織委員会(COPINH)の創設者の一人で、鉱脈開発、ダム開発など先住民の生きる場を奪う環境破壊に果敢に反対しました。
レンカ族は自らを大地と水とトウモロコシの子供と考えていて、中でも有名な活動は、聖なる水とのアクセスを実質的にもスピリチュアルにも断ち切るグアルカルケ川のアグア・サルカ水力発電ダム建設計画への反対でした。一度は世銀をバックにした中国の会社による計画の阻止に成功し、世界に大きな勇気を与えたのです。


ところが、ダム計画は消えませんでした。ホンジュラスの腐敗した政権、銀行、大富豪、軍、警察などをバックにした再度のダム建設計画がDESAという会社により再開され、ベルタは抗議を続ける中、2016年3月2日に、深夜自宅に侵入した殺害者によって射殺されました。

当初、警察は、犯人はCOPINH内部者だと言いはっていましたが、国際的弁護士たちによる調査グループも組織され、容疑者が逮捕されるようになりました。その中には、悪名高い米軍の学校で軍事訓練を受けた軍人などが含まれており、またつい最近には、DESAの重役で元ホンジュラス陸軍の情報将校が逮捕され、同社経営陣、大株主、民間警備会社、政府関係者、役人、軍・警察が関わった大がかりな殺害計画がほの見えています。

ホンジュラスは、2009年に時の民主的なマニュエル・セラヤ大統領が軍によるクーデターで倒された後、アメリカの支援を受けた軍が2倍に増強され、グローバル化、環境破壊をものともしない開発に拍車がかかりました。アメリカの国策にとってうっとうしい存在だった中道左派のセラヤを放逐したクーデターの影には、アメリカ、特に時の国務長官だったヒラリー・クリントンが関与したと言われています。

ベルタは、クーデター時、国外のコスタリカに移送されていたセラヤの帰国を支援するなど、政治的な活動も行い、現政権を敵にまわすやっかいな存在でもありました。

クーデター後の2010年から2017年まで、ホンジュラスでは環境活動家が124人殺害されており、環境保護運動家にとって世界一危険な国と言われています。

公開されたDESA重役の通信記録を見ると、関係者が何をやっても法の手は届かないとたかをくくっていたようすがうかがわれます。ベルタは、生前、繰り返し生命の脅迫を受けており、2015年に環境アクティビズム界のノーベル賞とよばれる「ゴールドマン環境賞」を受賞したことによる国際的圧力が、暗殺計画を止めることができないだろうかという一縷の希望も踏みにじられました。

ベルタの強さは、母親ゆずりと言われています。助産師で社会活動家だった母親のアウストラ・ベルタ・フロレスさんは故郷の町、ラ・エスペランサの市長を務めたこともあります。映画に登場するフロレスさんの娘を失った悲しい顔に心が痛みます。でも、ベルタさん暗殺後は、娘のベルタ・イサベルさんが活動を引き継ぎ、20代半ばなのに暗殺解明の国際的調査団のメンバー選定も行ない、母親の死を解明し、無駄にせず、運動を前に進めようと意欲的に取り組んでいます。

映画『ベルタは死んでない。たくさんのベルタになった』は、先住民はもちろん、LDBTQなど社会の終焉におかれてきた人たちの命と暮らしを尊ぶ活動を続けてきたベルタの運動が、その死によってかき消されることなく、むしろ先住民コミュニティを奮いたたせ、連帯の輪が広がっているようすを見せます。


映画で特に浮き彫りにされているのは、ホンジュラスのブラック・コミュニティ団体、OFRANEH (ホンジュラス黒人同胞団)の活動です。ホンジュラスの先住民の中になんとブラックの人たちがいるとは、私にとって初耳でした。

さっそくググってみたところ、もともとはアフリカからカリブの島につれてこられた黒人奴隷で、反抗したために島から追放されたり、イギリス人につれられていまのホンジュラスの地に渡ってきて解放されたなどさまざまないきさつがあるようですが、以来、ずっとホンジュラス北部の沿岸に住み、主に漁業をいとなんで暮らしてきたようです。いまではホンジュラスの先住民のひとつと数えられていますが、石油精製所建設計画がもちあがっており、暮らしを損なわれかねない環境破壊の危機を迎えています。

COPINHとOFRANEHとの連帯は、2009年のクーデター後のセラヤ支援にさかのぼります。セラヤが追放されたニカラグアの国境近くまでホンジュラス全土を何日もかけて共に行進し、セラヤの帰国を訴えようとしたのです。ベルタの死後、COPINHとOFRANEHはベルタを追悼し共同で集会を開き、ベルタの死が先住民たちの連帯を強めていることがわかります。



とはいえ、アメリカをバックにした権力が相手なので、ホンジュラスでの活動はとても危険です。また、民主党もからんでいるため、アメリカ国内でもホンジュラスの活動家支援の声はまだ弱く、報道も限られています。

そんな中、3月2日は、アメリカの各地で命日を機に映画の上映会をそれぞれのコミュニティが独自で開くことでベルタやホンジュラスでの先住民たちの活動を知らせ広めようという動きが生まれました。NYでは、ブラジル出身のアナ・ポウラさん(私とは、3年前に一緒のチームでパレスチナに行って以来の知り合いです)が中心になってニュースクールで開かれました。



上映後のトークには、OFRANEHの国際広報コーディネイターでホンジュラスから亡命状態でニューヨークに在住中のカルラ・ガルシアさんも出席し、アメリカ国内からの国際的支援を訴えました。

2018年4月2日月曜日

翁長知事 ワシントンで講演 世界の自由主義を守るのも大切だけど、沖縄の生命・財産は守れないんですか


March 13, 2018 in Washington DC
沖縄県主催シンポジウム Changing East Asian Security Dynamics and Okinawa: Re-examining the U.S. Force Posture in Japan
翁長雄志沖縄県知事基調講演 (全文書き起こし)


みなさん、こんにちは。本日はこのようなシンポジウムを開催いたしましたところ、多くの方々にご参加をいただきまして感謝を申し上げます。沖縄県知事の翁長雄志でございます。基調講演をお引き受けいただいたウィリアム・ペリー元国防長官、そして今回のシンポジウムの開催にあたり、ご尽力をいただいたジョージ・ワシントン大学のマイク・モチヅキ教授、パネルディスカッションに参加していただく有識者の皆様方に心から感謝を申し上げます。


今日、いろいろ話はするんですけれども、約30分ということでありまして、皆様方のおてもとの方に、英語版の沖縄の基地問題や環境問題を中心とした資料がありますので、大体こういう内容を私の方も話をしますので、参考にしながらお願いをしたいという風に思っています。

私は、マイク・モチヅキ先生からもご紹介がありました通り、もうほぼ4年前に県知事に当選をいたしまして、それから今度で4回目のワシントン訪問となります。その都度、こういう形を含め、連邦議会を含めですね、いろいろ意見交換をさせていただいて、今日までに来ております。


沖縄県が日米安全保障体制の必要性を理解する立場であること、私が普天間飛行場、ぜひとも県外・国外にという話をするもんですから、沖縄は米軍基地みんなに反対しているんじゃないか、こういうような方もたくさんおられますけれども、普天間が返還されてどれだけ減るかというと0.7パーセントなんですね。ですから私が、反対をしているのは0.7パーセントに反対をしているのであって日米安保体制を十二分に理解しながら、沖縄の基地をできるだけ少なくしえくれというようなことをずーっと訴えてきてるわけであります。

2018年4月1日日曜日

詩織さんがNYに来てくれた


話題の人、伊藤詩織さんが3月半ば、NYにいらして弁護士の伊藤和子さん(Human Rights Now)と一緒に日本語と英語でトーク/シンポジウムが開かれた。




アメリカでも「#MeToo運動」がもりあがったばかり。なので、日本語の会では在NYの働く女性たち、英語の会はNY法曹界の女性たちを中心に会場は満員。関心の高さが一目瞭然。




日本語の会ではまずは人権弁護士の伊藤和子さんから、日本の社会で女性たちの人権が制度的にいかに弱い立場におかれているか、声をあげてもバッシングの的になる、人権よりもともと人権違反の雇用契約を守るのが人の道と若い子たちですら信じ切っているらしき日本の世相、声をあげる人が被りかねないリスクを思えば「#MeToo運動」もおこせない現状(#WeToo運動ならありか、というのが救い)の説明があり、もちろん威張っているほど完璧では全然ないけれど、少なくとも#MeToo運動が(それも、ようやくだけれども)起こせたアメリカで暮らす私たちは、「おお、なんと」と口をあんぐりと開け「女性が輝く」はずもない日本に思いをはせた。

2018年3月28日水曜日

山城博治さんたちへの判決に抗議して駐米日本大使に書簡を届けにいきました。

3月23日、首都ワシントンの日本大使館前で山城博治さんたちへの有罪判決に抗議して、海外米軍基地反対連合がスタンディングを行いました。平和を求める元兵士の会や、戦争のない世界(World Without War)、コードピンク、そして、もちろん、沖縄ピープアピールの代表・メンバーが見守る中、連合のコーディネイターのバーマン・アザドさんが、佐々江駐米日本大使宛ての書簡を大使館員に手渡しました。


最初、警官も約1人、登場しましたが、「お、かわいいじゃん」の声もあがる(誰の声じゃ?)にこにこした若者で、所定用紙にささっと書くこと聞いて、すぐ帰っていきました。



2018年3月27日火曜日

子供たちがアメリカを変える 銃規制を求めて全米を動かした

2月、フロリダ州のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で退学させられた19歳の元生徒がアサルトライフルで生徒14人、先生3人の命を奪った痛ましい事件は、何度事件が起きても動かないおとなたちに揺さぶりをかける、高校生たちによる銃規制運動を全米各地でまきおこしました。

3月24日に首都ワシントンで行われた大集会「March for Our Lives (私たちの生命のための行進)」にはおとなも子供もあわせて20万人が参加しましたが、子供たちの演説が、すごい。自分をしっかりもっていて、揺るぎだにしない。まばゆい子供たち、輝く若者たち。スピーチのいくつかをまとめてみました。




銃規制を訴える高校生たちのキャンペーン、March For Our Lives. 3月24日、ワシントンでの集会で演説した18歳のエマ・ゴンザレスさん。退校させられた19歳の男の子による乱射事件で殺された17人の生徒たちの絶たれた命を追悼し、演説の残り時間を沈黙のまま、堂々と立ち続けました。

エマは、乱射のとき、6分20秒、気配を悟られないよう、息をひそめて射殺犯が現場を去るのを待ち続けてました。沈黙の演説は、その時の声をあげられない沈黙の長い時間、ひとりおののいた恐怖を一緒に感じてねと観衆を引き寄せるものであり、また、もう声をあげることができない犠牲者たちへの無念をあらわす、ことばを超えた強烈な訴えでもあったのです。キューバ系でバイセクシュアルを公言しているエマ。自分のスタイルをしっかりもった子。全米の同年代の子供たちを動かす、運動の代表的な顔と声になりました。

NYの国連日本代表部前で山城博治さんたちへの判決目前に支援スタンディング

山城博治さんたちへの判決を目前に博治さんたちの起訴取り下げを求めて国際署名を展開してきた海外米軍基地反対連合がNYの国連代表部前で、スタンディングを行いました。



連合がこの日のために用意したバナーや参加者たちのサイン、グラニー・ブリゲードたちが歌う「基地いらないの歌」、サブロー師匠の三線と秀子さんの歌、日本山妙法寺の方たちのうちわ太鼓と読経。通りがかりのさまざまな国の外交官たちは、いきさつを説明するチラシを時には「ありがとう」といいながらにこやかに受け取ってくれました。が、どやらこれは日本の一団とみられるご一行は、群れをなしたまま、無視・拒絶の姿勢をあらわにして通りすぎていきました。なんかな~


「基地いらないの歌」を歌うグラニーたち

2018年3月26日月曜日

沖縄へのメッセージ

2018年2月24日、5番街のNY図書館前での、山城博治さんたちの起訴取り下げを求めるスタンディング。参加してくれた人たちから、沖縄の辺野古新基地建設反対・基地撤去を求め闘いを続けている人たちにから、「なぜ、今日、ここに来たの?沖縄の人たちに思いをひとこと」とビデオ・メッセージを送っていただきました。