2017年11月11日土曜日

ビリン村のイヤード・ブルナート:暴力に走れば、イスラエルの思うつぼ

辺野古基地建設反対のバナーに、パレスチナのイヤード・ブルナートさんが、支援のサインをしてくれました。「I love fighters」と、イヤードさん。


イヤード・ブルナートさんは、ドキュメンタリー映画『壊された5つのカメラ』(イヤードさんの兄のイマードさんが監督のひとり)などでもおなじみのビリン村で生まれ育ちました。2004年、パレスチナの地に強引に作ったイスラエルの入植地の入植者の安全を守るためという名目で、ビリンの畑の6割を村人の住居から隔絶する壁が建設され、村人が大切に育て、生活の糧としてきたオリーブの樹が1000本、引き抜かれたり、焼かれたりという暴挙が起きました。20059月、イヤードさんたちは、非暴力抵抗運動を開始し、2007年、ついにイスラエル最高裁からすでに立っていた壁を撤去し、村人に畑が戻る形で移動せよという判決を出させることに成功しました。



ビリンの輝かしい勝利は、パレスチナのそして世界の、不正義に対する非暴力運動の勝利として人々に大きな希望を与えました。が、イスラエルでパレスチナの移動をはばみ、分断を現実としても象徴としても支える、壁が消えたわけではありません。また、生命の源ともいえる水もイスラエルに管理され、入植地ではきれいな水が張られたプールがあるのに、パレスチナ側はイスラエルからわずかばかりの水を買わされ、その配給すらおぼつかないありさまです。だからこそ、ビリンの抵抗運動は、開始から10年以上がたったいまも、続いています。毎週金曜日に、村から壁までの抗議のデモを行なうのです。



イスラエルは、海外にも知られ、海外からの支援者も多いこの運動をつぶしたくて仕方ありません。一番のターゲットになるのは、子供たち。投石したとして逮捕するのですが、投石の目撃証人はイスラエル兵士、軍事法廷なので裁く判事は軍人です。イヤードさん、本人も17歳のとき、投石のぬれぎぬで逮捕され、2年間を獄中で過ごしました。逮捕されると裁判となり、罰金を払わされ、親の家計が破綻する。これも狙いです。また、若いうちから、恐怖心を植え付け、運動から離れさせるのも目的です。



逮捕は現行犯でなく、夜襲の形で行われることが多く、武装した兵士たちが民家にやってきて寝ていた人たちをたたき起こして外に出し、狙った相手を逮捕していく。こんなことがしょっちゅうなので、幼い子供もそれが習慣になってしまい、夜いなっても、寝ない子が続出していると言います。



また、非暴力の抗議運動に対し、イスラエル軍の対応は暴力的です。使われている武器の大半は、アメリカ製。国際法で民間人に対する使用が禁止されているロケット弾、ガラス窓を瞬時にやぶるような力をもつ弾を至近距離から直撃し、死者も出ています。また、動物の狩猟用の022という銃弾で、スナイパーが若者を狙いうちます。一度に200発以上の催涙弾を発射できるマシンも使われ、あたり一面が煙でおおわれます。まさに、アメリカの新開発の武器の実験場だというのです。



また、ビリンの抵抗を外の世界に知られたくないため、メディア、特にカメラは狙い撃ちの対象とされているとのこと。

何度も逮捕され、負傷してきたイヤードさん。4人の子供の父ですが、息子たちも逮捕・負傷しています。長男が重傷を負ったときの父親としてのつらい思い、それでも未来の世代のために続けねばという決意を切々とつづった文もネットで読むことができます。("Israelisoldiers shot my teenage son. "

ビリン、そしてパレスチナの現状を海外に伝え、支援をつなぐ活動も熱心におこなっていて、119日、ニューヨークのハンター・カレッジでのトーク・イベントでも、次代を担うアメリカの若者にぜひ知ってほしいと熱意がみなぎりました。

イヤードさんは、武装闘争自体を全否定しているわけではありません。「あらゆる形の抵抗は、国際法でも認められる」と断言します。非暴力は、意識的な選択なのです。ビリンのデモでも、特別警察の一員が支援者にばけてはいりこみ、投石を始めサボタージュしようとするケースもありますが、身を挺して止めているということです。



質疑応答で、ニティン・ソナワレさんが質問しました。ニティンさんはガンジーの信奉者で、2年後のガンジー生誕150年を機に、自転車で世界をまわる旅をインドから始め、たまたまニューヨークにいたのです。「日々、そんなひどい暴力に直面しながら、どうやって非暴力を信じ、続けられるのか?」

イヤードさんの答えはこうでした。「私たちだって人間です。うちの3歳の息子がけがをさせられたり、友人が亡くなることもある。非暴力をつらぬくのはとても大変です。でもイスラエルの占領軍は、私たちに暴力を使わせようとして暴力をふるっている。私たちが暴力的になれば、彼らの勝ちです。それにまた、私たちは非暴力を信じています。人が人をあやめるべきではないのです。こういう風に思うようになったのは占領下で育ったからだと思います。17歳で逮捕され、2年間、獄中で過ごしました。また、ガンジーやマーチン・ルーサー・キング、ネルソン・マンデラなど世界の運動からも多くを学びました。彼らの成功から希望を与えられています。」

トーク終了後、NYでのスタンディングに使ってきた辺野古新基地建設反対のバナーに支援の署名をお願いすると、「I love fighters」と快く、応じてくださり、沖縄とパレスチナの思いがつながりました。


2017年11月6日月曜日

「いまさら、殺される覚悟なんかしてたまるか」― 謝花悦子さん(伊江島 わびあいの里)

謝花悦子さん、ジャーナリストのジョン・ミッチェルさんと。わびあいの里で。

NHKの力作ドキュメンタリー番組「沖縄と核」を伊江島で見た。
 1950年代、冷戦と米ソの核開発競争が進む中、沖縄がアメリカの核基地化されていったこと、1950年代末の米海兵隊の沖縄への重点的な配備・移転の裏には米軍の核戦略があったこと、1950年代半ば、沖縄はアジア最大の核弾薬庫と化したこと、備蓄された核兵器を攻撃から守るため核弾頭をつけたミサイルが配備されたこと、1959年6月、那覇で核ミサイルの誤射事故が起きたが闇に葬られたこと、日本政府が知らぬ存ぜぬをきめこんだことなどなどを、新たに入手した機密文書や、現場で当事者だった元米兵の生々しい証言をもとにじりじりと検証していく迫力ある番組だ。



 

2017年10月31日火曜日

「死にたい、辞めたい」自衛隊員たちの悲鳴––小西誠さんの講演会報告

Oct 30, 2017

 現在、島嶼作戦の演習が繰り広げられている自衛隊。奄美大島の市街地で警備態勢が取られ、今後は対馬でのように市街地で戦闘訓練が行われるようになる可能性も大らしい。そんな中、大分で演習中だった隊員1名の自死が報道されました。安倍政権による戦争ができる日本への強引なかじ取りにも拘わらず、自衛隊にはパワハラ、いじめが蔓延し、「死にたい、辞めたい」という声がもれ聞こえ、戦争どころではない状態のようです。


 元反戦自衛官として、反戦に向けて精力的な活動を続けながら、「自衛官人権ホットライン」相談室を運営し隊員への人権抑圧への対処に貢献し、『自衛隊 この国営ブラック企業』の著書もある小西誠さん。ホットラインの掲示板には、隊員や家族の悲鳴のような書き込みが、続々と送られてきます。101日の京都での講演は、自衛隊の現場を身をもって体験し、現状も熟知なさっている小西さんならではの生々しいものでした。以下、かいつまんでまとめてみました。(文責:大竹秀子)


 いじめ、パワハラ、自殺。この10年間で自衛隊員の家族からの裁判が急増し、現職自衛官による告発・裁判も始まっている。「自衛官人権ホットライン」相談室への相談で、最近、一番多い相談が、幹部自衛官からの相談。上級幹部から下級幹部へのパワハラ。

 もうひとつは、辞めたいのに辞めさせない。一般隊員は2年、あるいは3年の任期制で、その間は辞めないと誓約して入隊するので、その間はなかなかやめられないが、それ以外の幹部クラスでも辞めたくても辞めさせない。引き止められてうつ状態になり、どうにもならなくなって相談室に相談してくる。

 辞めさせない理由は、隊員の不足。特に海上自衛隊。海自は、ある意味で一番忙しい。ジブチに行ったり、湾岸に出ていったり。その他、演習で航海ばかりやっている。一番、人気がなく、定員も相当、割っている。

 日米共同演習がすべての部隊に広がっているが、アメリカはずっと戦争をやり実戦体験をつんでおり、訓練が全然違う。米軍には頭があがらない。自衛隊は、たとえば通信など技術屋になれ、プロになれという教育をする。下士官層と幹部層が多くて任期制の一般隊員が減っている。部隊によっては一般隊員がはいってこない。下士官でもいつまでたってもお茶くみでいじめられる人がいっぱいいる。

 いま、自衛隊の中が大変なストレス状態にある。原因は複合的。自衛隊の大再編が始まり、全国的な異動がおき、仕事も変わる。いままで戦車部隊だった人が急にミサイル部隊に配置など、仕事が変わり、勤務地も変わる。これから先島諸島への転任も間違いなく増える。家族が行きたがらないと単身赴任になる。そういう状態の中で非常に複合的な要因でストレス状態が蔓延している。

2017年10月7日土曜日

ジュゴンの日 ジュゴンを救えスタンディング in NY

10月5日 Save Dugons ジュゴン・スタンディング in NY 総領事館前

ひと月ぶりにNYに帰ってみると紀子さんや志津子さんがジュゴン・ステンディングでやおら盛り上がっている。今日は10月5日。ジュゴンの日。ちなみに中秋の名月。いつのまにやら毎週の恒例になったスタンディングの3週目、パークアベニューの日本総領事館前にくりだすのだ。




今日はなんとサブローさんの三線も登場する豪華版。ウチナーグチで歌うのだ。志津子さんが作りまくった、持つの思いなあバナー、金魚さん作の空飛ぶジュゴンのパネルもある。そして、えへん、東京で「にもにも」(美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会)の方からいただいてきた(というか、強奪してきた)ちびジュゴンのぬいぐるみもある。

2017年10月5日木曜日

レポート:「今 自衛隊をどうする?」 オキナワ島嶼戦争――南西諸島への自衛隊配備 ~講師 軍事ジャーナリスト・小西誠

10月1日、京都で開かれた元反戦自衛官で軍事ジャーナリストの小西誠さんの5時間講演。先島で着々粛々と始められ、メディアの沈黙の中、ひっそりと進められようとしている自衛隊による軍事化。情報公開請求や現地での取材、米日の戦略の分析であらわにしていきます。
南西諸島への自衛隊の大配備計画、そしてその目的とされる「離島防衛作戦・上陸作戦」が初めて策定されたのは2000年、尖閣問題で日中関係が悪化するはるか前のことだといいます。冷戦の終結で長年の仮想敵国を失った防衛省・自衛隊は米軍ともども、その存在理由をかけて新しい敵を必要としていた。恰好な存在が中国でした。先島諸島への自衛艇の配備は、中国封じ込めを目的としており、自衛隊は「米軍、とりわけ沖縄駐留米軍の介入さえ極力避け」て「自衛隊主体の戦争」を想定していると小西さんは言います。日中間の緊張をあおってきたのは、誰なのか?

2017年10月1日日曜日

防衛省交渉「辺野古の工事、いまどうなっているの?」

Sept 30, 2017 メンツがそろった。抗議船船長でもある北上田毅さんが公共土木専門家の見識と情報開示で得た知識をいかして辺野古の工事の違法性をぐいぐいと攻め、福島みずほ議員が防衛省側の回答の弱みにここぞとばかりにくらいつき、山城博治さんがかぶりつきの席からがんをつける。9月28日、参議院議員会館講堂での防衛省交渉「辺野古の工事、いまどうなっているの?」、なかなかでした。


北上田さんの緻密なレポートは、ブログ「チョイさんの沖縄日記」やIWJ、FoE Japan のホームページでご覧いただけるので、ここでは、9月27日の市民集会と28日の防衛省交渉院内集会での山城博治さんの発言のハイライトをつまんで、ご報告。辺野古のいま、闘いのこれからが、わかります。

2017年9月26日火曜日

アミラ・ハス:金平茂紀との対話 ジャーナリストはなぜ、なにを、どのように伝えるのか? 

September 20, 2017

ジャーナリストの役割は、権力をモニターすることと発言し実践している、アミラ・ハスさん。その断固たる姿勢の活力となっているのは怒りだという。ハアレツ紙のスター記者であり、同紙の存続を支えているアミラさんだが、東京での講演の最後にあたる920日でのジャーナリズムをめぐる講演と対談で、招聘者である土井敏邦さんの紹介に、もちまえのチャーミングなユーモアでこたえて、話を始めた。







*権力をいらだたせる

アミラ:土井さんは、パレスチナとのつきあいが長い。話を大きくするパレスチナ人のくせがきっとうつってるに違いない。私のことをどんな風に紹介してくださったかわかりませんが、きっと話が大きくなってるんだろうなと思ってます。

26年前、ハアレツ紙にはじめは校閲記者として入社した。やがて、時折ガザに行って占領について書くようになった。最初に書いたのは、イスラエルの民政局について。そもそも民政局の役目はパレスチナ住民の世話をすることのはずなのだが、実際にはすっかりイスラエル軍の植民地政策の手先になっていた。が、当時のイスラエルのメディアでは、民政局が住民のためにこんな良いことをしたなど、民政局をもちあげる記事しか載せていなかった。そんな中で私は、実際は軍の一部でありイスラエル至上主義の施政をおこなっている民政局に対する住民の声をそのまま伝える記事を書いた。